初めての不動産投資

初めて不動産投資をするなら

不動産投資ならマンション購入

個人で片手間に始めるにはやや敷居が高いと思われている不動産投資ですが、莫大な資金がなくても、マンションの一部屋を購入することから始めることができます。一般に自宅を購入するように、ローンを組んで一部屋を購入し、そのまま賃貸に出すことで、ローン以上の家賃収入を得ることができるのです。その際に特に重要なポイントは、どのような物件を購入するかということです。都会のワンルームマンションなどは、学生や就職直後の独身者等、長く居住することを前提としていないため、ローンの支払い額よりかなり割高な価格でも賃貸契約の需要が高いのです。このように利回りの高い物件を選ぶことで、その利益を利用して、次の物件の検討へと、投資先を拡大することも可能となります。

初めての不動産投資はマンション

はじめて投資用として不動産購入を検討されている方には、区分所有のマンション購入が最適です。一戸建て住宅や、商業用不動産、更地などへの投資と比較すると、空室リスクが少なく、確実なリターンを得られるものが多いからです。さらに、銀行からの融資が受けやすいため、少額の自己資金から始められることも、魅力のひとつです。また、ここ数年の変化として、民泊需要の高まりによって、マンション購入によるリターンが押し上げられていることについても、特に大都市での購入を検討される方にとっては、注目すべきトピックであると言えます。

↑PAGE TOP